ここから本文です。

研究動向

筋ジストロフィーの研究

研究動向の概要については、治療法の研究は進んでいるのですか?をご覧ください。

「さらに専門的な細かい内容を知りたい」という方に向けて、以下におすすめの情報源を紹介します。

国立精神・神経医療研究センター
(外部のサイトを開きます)

神経・筋疾患研究の総本山ともいえる研究センターです。所属する多くの研究者の論文等が掲載されています。

神経・筋疾患患者登録REMUDY(レムディ)
(外部のサイトを開きます)

臨床試験/治験を目的として、患者さまと製薬関連企業・研究者との橋渡しをする登録システムで、NCNP内に設置されています。

ホームページ、メール、広報誌、の3種類で、筋疾患に関する情報が発信されています。

筋ジストロフィー臨床試験ネットワーク(MDCTN)
(外部のサイトを開きます)

MDCTNは全国の病院と連携して筋ジストロフィーの臨床試験を行うためのネットワークで、Remudyと同じく、NCNP内に設置されています。

医療機関をつなぐネットワークですので、一般向けの情報公開は基本とされていませんが、支援中の研究のリンク等が貼られています。

京都大学 iPS細胞研究所
(外部のサイトを開きます)

山中伸弥教授が所長を務める京都大学 iPS細胞研究所では、iPS細胞作製技術を用い て創薬、新しい治療法の開発、病気の原因の解明や再生医療への応用を実現するため の研究を行っています。

筋ジス研究班の変遷

筋ジス研究班の変遷PPT版【PowerPoint:223KB】

筋ジス研究班の変遷PDF版【PDF:1,910KB】

難病情報センター
(外部のサイトを開きます)

公益財団法人 難病医学研究財団/難病情報センターのホームページです。厚生労働省健康局難病対策課と協力して、指定難病全体の情報が提供されています。

製薬会社(筋ジストロフィー関連)

  • 第一三共株式会社(外部のサイトを開きます)
  • ノーベルファーマ株式会社(外部のサイトを開きます)
  • 日本新薬株式会社(外部のサイトを開きます)
  • 大鵬薬品工業株式会社(外部のサイトを開きます)
  • ファイザー株式会社(外部のサイトを開きます)
  • バイオジェン・ジャパン株式会社(脊髄性筋委縮症、SMA)(外部のサイトを開きます)
  • ペプチドリーム株式会社(外部のサイトを開きます)
  • サンバイオ株式会社(外部のサイトを開きます)
  • ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社(外部のサイトを開きます)
  • 米PTC Therapeutics(外部のサイトを開きます)