ここから本文です。

概要

一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会は、患者およびその家族の援護と福祉の増進に寄与することを目的として設立され、全国の都道府県に支部を持つ福祉団体です。

昭和39年に発足し現在では会員1,800人余りを有する一般社団法人となり活動を続けています。組織構成としては、東京に本部をおき、全国47都道府県に支部があり、これが8地方ブロック(北海道・東北・関東甲信越・東海北陸・近畿・中国・四国・九州)に分かれて活動しています。

また支部とは別に、病名毎の患者家族会が複数存在しており、それぞれが積極的な活動を行っています。

沿革

昭和39年3月5日 日本筋ジストロフィー協会の前身である「全国進行性筋萎縮症児親の会」が結成された。
昭和40年3月 第2回全国大会で「日本筋ジストロフィー協会」と改称した。
昭和43年2月10日 厚生省より社団法人の認可を受けた。
平成25年3月22日 内閣府より一般社団法人の許可【PDF:130KB】を受けた。

Adobe Readerバナー

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイト(外部のサイトを開きます)から。