ここから本文です。

東京パラリンピック応援募金スタート

  • JMDA

愛知支部会員の河本圭亮さん(写真)、江崎駿さんの2人が、東京パラリンピックのボッチャ日本代表に内定しました。筋ジス協会は2人の活躍を願って、協会会員から寄付を募ることが、理事会で承認されました。

ご協力いただける方は、下の郵便振替口座へ送金をお願いいたします。通信欄に応援メッセージを記入いただけますと、2人にお伝えします。

 

貝谷代表理事の話「パラリンピックへ参加される2名の会員に対して高額寄付金からお祝い金を出すことが、(理事会の)賛成多数で決定いたしました。祝い金の額は5万円が相応であるという意見がありました。この問題は金額よりも会員からの応援の気持ちです。一人100円でもよいから一人でも多くの会員が寄金するのが理想的だと考えます。

私は、高額寄付金より一人当たり10万円出して、あとは各会員が寄金したらよいと思います。協会の寄付金の口座にパラリンピック祝い金として会員一人ずつが個人で自分にふさわしい額を振り込んだらよいと思います」

 

■東京パラリンピック応援募金

郵便局の郵便振替でお願いします。振込手数料はご負担ください。

(加入者名)一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会

(記号番号)00140-0-504922

 

☆ボッチャ河本さん 東京パラリンピック内定

☆ボッチャ江崎さんのインタビュー

☆ボッチャ河本選手 お知らせ20本 令和2年2月5日

(日刊スポーツ)ボッチャ代表 内定選手の資格を1年後の大会に継続(外部のサイトを開きます)

 

〇ご寄付をいただいた皆様(累計金額120,000円、令和2年8月31日現在)

八代 弘様(福島支部 3/13)、松岡 登志子様(愛知支部 5/21)、貝谷 久宣様(東京支部 5/26)、匿名希望様(6/16)、梅野 彩夏様(岩手支部 7/8)、徳山 卓史様(大阪支部 7/10)、信田 恭子様(千葉支部 8/6)

ありがとうございました。

 

(以上、ホームページ運用チーム)