ここから本文です。

ACPの愛称は「人生会議」

  • JMDA

「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」とは、自らが望む人生の最終段階における医療・ケアについて、前もって考え、医療・ケアチーム等と繰り返し話し合い共有する取組のことを指します。厚生労働省は平成30年3月、「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」を改訂してホームページで公開しました。下のサイトには普及・啓発リーフレットもあります。

【厚生労働省】自らが望む人生の最終段階における医療・ケア(外部のサイトを開きます)

 

ところでこのほど、ACPの愛称が「人生会議」と決まりました。

【厚生労働省】ACPの愛称を「人生会議」 11月30日を「考える日」に(外部のサイトを開きます)

【厚生労働省】ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の愛称を「人生会議」に決定しました(外部のサイトを開きます)

ACPについては、貝谷理事長が「一日も早く」の305号でもご紹介しています。会員の皆様はバックナンバーをご参照ください。

 

(以上)