ここから本文です。

米バイオ DMD遺伝子治療候補薬の中間データ公表

一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会のロゴ

 

 

 筋ジス協会のホームページは、会員の皆様が納める会費によって運営されています。

 そして、筋ジス協会は、会員の皆様からの要望が多い医学研究情報の発信に努めています。

 

デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の遺伝子治療薬を開発するアメリカのバイオ企業、リジェネックスバイオ(Regenxbio)は、候補薬(RGX-202)の第I/II相治験で第二段階の患者登録が終わったことを公表しました。最初の小規模の治験の中間結果ではジストロフィンの増加が確認されたとしています。

 

(ニュースリリース、英文)REGENXBIO Announces Completion of Enrollment in Cohort 2 and Additional Positive Interim Data in AFFINITY DUCHENNE Trial(外部のサイトを開きます)

 

 

(以上、ホームページ運用チーム)

筋ジス協会の入会申し込み