ここから本文です。

米FDA 筋強直性治験の部分的保留を解除

一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会のロゴ

 

 

 筋ジス協会のホームページは、会員の皆様が納める会費によって運営されています。

 そして、筋ジス協会は、会員の皆様からの要望が多い医学研究情報の発信に努めています。

 

アメリカのバイオ企業、アビディティ・バイオサイエンス社(Avidity Biosciences)は、第 1/2 相治験段階にある筋強直性ジストロフィー(DM1)治療薬候補(AOC 1001)が、FDA(食品医薬品局)から命じられていた新規患者登録の部分的な保留が解除されたとニュースリリースで公表しました。新規の患者登録が認められたことで第3相治験につながるとしています。

 

(ニュースリリース、英文)Avidity Biosciences Announces FDA Eases Partial Clinical Hold on AOC 1001 Providing a Clear Path Forward to Finalize Pivotal Dose and Phase 3 Design in Adults with Myotonic Dystrophy Type 1(外部のサイトを開きます)

 

 

 

☆米FDA 筋強直性の治験を部分的に保留 令和4年9月30日

 

 

(以上、ホームページ運用チーム)

筋ジス協会の入会申し込み