ここから本文です。

第1回全米肢帯型会議の開催報告

筋ジス協会のホームページは今年、開設20周年を迎えました。会員の皆様の関心が最も高い、筋ジストロフィー研究の最新情報収集に特に力を注いでいます。

 

 8月30日から9月2日にかけて、アメリカのシカゴで開催された第1回全米肢帯型筋ジストロフィー(LGMD)会議の報告が公式サイトで始まりました。使用言語は英語ですが、講演内容も動画公開されていくようです。以下、トップページ冒頭のみ、グーグル翻訳しました。

 

(グーグル翻訳)

イリノイ州シカゴで開催された史上初のLGMD会議で、2019年のクラスを紹介します!

 

患者の声を聞かせてください。全国肢帯筋ジストロフィー会議は、ベンチャーキャピタリストとバイオテクノロジーに対して、LGMD患者コミュニティが強固で、動員され、開発された効果的な治療を積極的に擁護する準備ができていることを示すために存在します。四肢ガードル型筋ジストロフィーの全国有数の神経科医は、主要なバイオテクノロジー企業とともに、最新の研究の最先端にいました。最初の会議の目標は、あらゆる形態のLGMDにとって迅速、効果的、安全な治療に関する情報を共有することでした。肢帯筋ジストロフィーは、主に股関節、腕、脚の筋肉群に影響を与える、非常に深刻で衰弱性の筋ジストロフィーです。多くのサブタイプは、早死につながる可能性のある心筋や呼吸筋にも影響を与えます。形態はさまざまですが、ほとんどの人は、歩行の喪失により、最終的に車椅子または移動スクーターを使用します。

 

National Limb Girdle Muscular Dystrophy Conference(外部のサイトを開きます)

 

☆第1回全米肢帯型筋ジス会議開催 令和元年6月28日

 

(以上、ホームページ運用チーム)