ここから本文です。

研究報告会(2/7,2/8、東京。無料)

身近な疾患から希少難治性疾患まで幅広い疾患を対象とした、基礎研究から新たな治療法や診断法の開発につながる研究開発の成果を報告する「疾患克服への挑戦2018」が、2月7日、8日の両日、東京国際フォーラムで開催されます。

 

参加無料で、事前申込が必要。締め切りは1月31日。申込は、ホームページから。

 

疾患克服への挑戦2018 開催趣旨・概要(外部のサイトを開きます)

 

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)戦略推進部難病研究課では「6事業合同成果報告会 疾患への克服2018」を開催いたします。

多くの方々にとって身近な疾患(Common Disease)から希少難治性疾患(Rare/Intractable Disease)といった幅広い疾患を対象とした、基礎研究から新たな治療法や診断法の開発に繋がる研究開発の進捗と成果をご報告いたします。

研究者、患者さん及びそのご家族をはじめとする多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時 2019年2月7日(木) 12:00~19:00

   2019年2月8日(金) 10:00~18:00

会場  東京国際フォーラム ホールB(外部のサイトを開きます)

   〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1

参加費 無料

定員  2019年2月7日(木) 300名

    2019年2月8日(金) 700名

※事前申し込み先着順

 

主催  国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(外部のサイトを開きます)

締切日 2019年1月31日(木)

    定員になり次第締め切らせていただきます。

 

(以上)