ここから本文です。

甲状腺中毒性ミオパチー(thyrotoxic myopathy)

多くは慢性に経過する患者さんに筋症状がみられ、里吉は60%の患者さんに何らかの筋症状があると報告しています。近位筋優位の筋力低下が主な症状で、呼吸筋が侵されることもあります。時に筋痛を認めます。血清クレアチンキナーゼ(CK)値の上昇はありません。筋生検では非特異的な筋原性変化をみるだけで、診断的所見に欠けます。